Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Featured Video Play Icon

潜在意識

なぜか不思議と夢がドンドン叶ってしまう目標設定のコツ【潜在意識_目標達成】

投稿日:2019年8月28日 更新日:

一度きりの人生をハッピーに生きる!河本流「夢の叶え方」

今までとは違った世界を見てみたい!そのためにどう目標を立て行動すればいいか?というテーマの動画です!

河本さんの経験談から、日本人の遺伝子に合った目標設定の立て方、必見です!まさに独自の視点で紹介してくれています!

書き起こし協力: かれんさん

 

自分自身の人生の時間をエキサイティングに!

はい、どうも、こんにちは。
河本です。
いつもお忙しい中、ビデオを見てくださってありがとうございます。
今回は何についてお話ししていくのかというと、今後あなたが行うべき目標設定の仕方に関してお話しをしていきたいなと思っております。
今後、これからの時代において、あなた自身がどういう目標設定の仕方、自分自身の身近な目標だったりとか、それこそライフプランだったりとかね、そういった中でどういうことを意識して、目標を作っていけばいいのかっていうお話しをしていきたいという風に思っております。
目標とかね、夢とかって、なんかかったるいですよ、ちょっとお堅いですよ、という方もいらっしゃると思うんですけれども、でもね、やっぱり一度きりの人生で、今いるあなた自身、まあ、僕自身も今ここに存在しているんですけれども、今のこのご自身のままでね、この後の余生をね、こう過ごしていく、そういう時間の流れの中で過ごしてくと思うんですけれども、もちろんそれもすごくハッピーなことだと思うんですけれども、やっぱり一度きりの人生だからこそね、やっぱりその年々こう違った世界っていうのを、やっぱり見たいのが僕たちだと思うですよね。
まあ、いままでの僕たちの先祖からのね、やっぱりその進化して見えてる部分が全く変わってきたから、今こうして時代が変わって、ものすごいテクノロジーが進化してね、生活が豊かになったりとか、便利になったりしているわけなんですけれども、その中でね、あなた自身の人生において、いかにして自分自身の人生の時間をエキサイティングにしていくのか。そのときにやっぱり、この目標だったりとか、その自分のイメージ、これからの理想っていうものがやっぱり大事になってくると思うんですよね。
なので、今回は、目標設定のポイントだったりとか、僕自身がやっているコツみたいなものを、ちょっと少しでもシェアできればなということで、お届けさせていただきたいなという風に思っております。
ちょっとね、いつもと違う場所でね、なんか河本さんちっちゃいなとかね、なんかツッコミどころ満載かもしれないんですけれども、最後までお付き合いいただければなという風に思っております。

当初自分自身やっていたこと

これは僕自身が、昔ですよ、最初、経験談からシェアさせていただきたいなという風に思うんですけれども、昔やっぱり初めて目標設定とか、その夢は叶うんですっていうお話しをきいてね、夢を紙にこう例えば100個書き出してみたりとかね、自分の目標設定、例えばですよ、当時思ってたのは、年収1000万円になることだったりとか、タワーマンションに住むことだったりとか、グラビアアイドルと付き合うこととかって書いてたのを覚えているんですけど、意外とね、目標設定、僕自身当時考えていたということっていうのは、何か年収1000万円になるっていう、1つのフレーズみたいな感じで、もうその固定化されたようなシーン、映画のワンシーンを切り取ったような感じですよね。

映画のワンシーンの1コマを目標にしていた

映画のワンシーンの1コマだけを目標設定にするといいのかな、ということをずっと考えて、自分自身の目標というのを思っていたんですよね。
実際に自分自身がある程度、自分のライフスタイルを理想に近いものに変えていく段階で、やっぱり今振り返ってわかっていることは何かっていうと、結局その自己啓発の世界だったりとか、成功法則だったりとか、目標設定っていうものは、これポイントなんですけれども、ほとんどが、アメリカが発端となってこっちに来ているわけなんですよね。

アメリカが発端の自己啓発・・・

要は日本に輸入されてきているってことですよね。
そこから色んな著名人の方だったりとか、そういった方が本を出したり、出版をしたりとかして、まあ同じですよね、セミナーをしたりして、こういわゆる一般層、僕もそうだったんですけれども、まあそういう人たちが知って、それをやっていくわけですよね。

日本人に合った目標設定が必要!

そもそも僕自身、今ね、ものすごく遺伝子だったりとか、それこそね、サピエンス全史っていう、いわゆる去年のビジネス書ランキング1位だった本とか、そういった本にもね、僕自身、愛読させていただいているというか、チェックさせていただいている中で、やっぱり思うことっていうのが、やっぱり日本人と、例えばアメリカ人、まあ西洋と東洋というってことで、ものすごくカルチャーというか、似ているようで、全く違うんですよね。
例えば、今回のこの目標設定に関しても、これ全く同じことが言えて、やっぱり日本人に合った目標設定というのと、そのまた西洋の人が使う目標設定っていうのは違うんですよ。

海外でビジネスするようになって感じたこと

例えばこれおもしろいデータというか、僕も海外の友達とかね、僕は海外でもビジネスをしているんで、まあ、そういった中で自分自身が学んだことの1つなんですけれども、日本人っていうのは、名詞と動詞があったときに、どっちが簡単に覚えやすいかというと、興味深いですよね。
動詞のほうが簡単に覚えられる、そういう遺伝子を持っているんですよね。
でも例えば、西洋の人たちっていうのは、何かっていうと、単語、名詞の方が、NOUNですよね、VERB とNOUNがあったときに、NOUNの方が簡単に覚えられる。
そういう遺伝子を持っているんですよ。
まあ、これはいろいろと話し出すと、深い、その根本的な部分の理由というのがあるので、そこまで話すとキリがないんですけども、わかりやすくいうと、僕たち日本人っていうのは、昔から人間関係だったりとか、何かと何かの関係性っていうものを意識して生きてきた人種だったんですよね。

僕たち日本人が生き残るには

例えば、わかりやすくいうと、昔狩りをしたときに、マンモスがいます。すごくでかいマンモス。でも1人じゃ倒せない。
でも自分とコイツが組んだらいいんじゃないかなっていうチームを組んで一緒に、なんかね、スケジュールというか戦略を立てて、こうマンモスに槍を投げてね、捕まえられたわけですよ。
つまり何かっていうと、自分が生き残るためには、自分がチームを組んで、このポジションをまとめて、それらを使って狩りをするっていう、やっぱりそういう僕たちっていうのは遺伝子が入っているわけなんですよね。

日本独自の遺伝子

だから今僕たちはどうしても多くの人が悩むこと、まあ、僕も昔そうだったんですけれども、人間関係だったりとか、日本人ってやっぱりその、間を読むっていう、空気を読むっていう文化があるのって、やっぱり日本独自の文化ですよね。
で、これ悪い風にも働いてますし、もちろんいい部分ではあると思うんですけれども、つまり何かっていうと、僕たち日本人っていうのは、自分が自分がって、今個人の時代とか言われてますけど、自分がっていうよりも、どうしても、周りとの関係の中での自分のポジションをやっぱり常に意識してしまうのが、僕たち日本人なんですよね。
つまり、名詞っていうのはもともとあるものですよね。でも動詞っていうのは、何かが動くわけですよね。
つまり、動詞っていうのは、何かとの関係性を表現している1つの役割をしているわけですよね。
何が言いたいかというと、日本人っていうのは、関係性だったりとか、動作、動き的な部分だったりとか、その全体の調和っていう部分をやっぱり意識しないと思考ができないというか、やっぱりクリエイティブに考えられないんですよ。

みんながハッピーでいることで夢がイメージしやすい

だから僕自身の性格っていうのもね、すごく、これ、僕の話で申し訳ないんですけれども、僕のハッピーって、自分で何なのかなっていうのを、自分でね、こう自己対話していたときに、やっぱりわかったことが、自分の家族だったり、周り、自分の一緒に仕事している人だったりとかね、チームメンバーだったりとかね、やっぱりハッピーな状態じゃないと、僕はハッピーじゃないんですよね。
ちょっとこう、なんていうかな、そんなの自分でハッピー決めろよって思うんですけども、自分の家族がハッピー、健康状態がよかったりとかね、夢に向かっているとか、やっぱそういう状態だと僕はハッピーをすごく感じるんですよね。
それも関係性ですよね。
周りとの関係性を意識した中で、自分の理想、夢ってあるわけですよ。
僕が今描いている理想っていうのは、周りの調和とか関係性の中から見出してきた夢だからこそイメージしやすいですし、それこそが本当にやっぱりワクワクしてくるんですよ。
今それが僕たちと一緒で、東洋だったりとか、日本人の特徴なんでけれども。

西洋人と日本人の学習タイプの違い

それとは別に西洋の人たちは、またちょっと別の、なんていうかな思想というのか、学習タイプっていうのを持っているんですよね。
先ほど日本人は動詞っていうお話をさせていただいたんですけれども、西洋の人たちっていうのはどちらかというと名詞なんですよね。
要は、自分っていう生き物、その存在っていうストラクチャーっていう自体をそもそも分けられることができる。
日本人は動詞なんですよ。
この人とこの人は違うっていう認識っていうのはやっぱり持てないんですよね。
だからこれよく人間関係において、日本人トラブル起きると思うんですけれども、わたしはこう思う、なんであの人はあんなこと思っちゃうんだろう、って思うと思うんですけれど、例えばアメリカとか行くと、「お前の考え方はこう、俺の考え方はこう、どう、だ」みたいな、そういう部分っていうのが西洋の考え方というか、思考なわけですよね。

お前の考え方はこう、俺の考え方は・・・

よくこれ聞く話だと思うんですけれども、日本人って、「映画観に行こうぜ」とかって、「えー、なに観に行く?」っていって、「なんでもいいよ」っていって、「じゃあ、あれ行こう、ドラえもん行こうよ」っていって、「俺、実はドラえもんなんか全然観たくなかった」みたいな感じでね、「お前早く言えよ」みたいな、それがケンカになったりするわけですよね。
で、それがいいか悪いかはまた別の話なんですけど、でも西洋の人たちは、「お前何観たい?」っていって、「俺はドラえもん、お前は何?」「わたしはハリーポッター」みたいな、「え、違うじゃん」みたいな感じで、「どうする?じゃあじゃんけんする?それとも別々に観に行く?」みたいな、こうそれぞれが違った生き物って感じで、個を最初から認識しているからこそ、その違いっていうのもわかりますし、そこがやっぱり、彼らの思考の軸になっているわけですよね。
何かっていうと、既に何かをするときの基準っていうのが、自分が、要は違うものなんだから、全てストラクチャーっていうものが違うわけだから、それぞれを理解した上での行動、アクティブ、思考っていうのができてきていくわけなんですよ。
何かっていうと、比較的、その西洋で教えられていることっていうのは、やっぱり今の自己啓発に近いわけですよね。

自分はどうしていきたいんですか?WANT TO BE。

何になりたいのか。
何をしたいのか。
どんな感情を感じたいのか。
どんなものを手に入れたいのか。
いわゆる、そういう目標を描いてください、そういう夢を描いていくださいということを言われてきたと思うんですけれども、今の話からもね、お分かりいただけたかもしれないんですけれども、僕たちって、関係性だったりとか、その動きの中から思考していく、そういう中から自分自身をこう、なんていうかな、何かを成し遂げたりとか、ゲットしたりって、やっぱりもう遺伝子で決められちゃっているわけなんですよね。

海外経験から西洋思想も取り入れらてはきたけれど

僕自身もね、自分の遺伝子チェックっていうものをしていくとね、どちらかというと日本人体質ではあるんですけれども、ちょっとね、環境が、海外にいる時間が多いので、気づいたら西洋思想がやっぱりできていった部分がちょっとあってね、個っていう部分を若干意識するようにはなっているんですけれども、でもやっぱりほとんどっていうのは日本の、本来の僕がもっているものっていうのは、関係性だったりとか、動きだったりとか、そういった部分で決める生き方というかね、そういう考え方が基本なわけですよね。

人とのつながりを大切にしながら夢を見つけてもいい

今回のビデオで、ここからまとめに入りたいなという風に思うんですけれども、何が言いたいかというと、目標設定とかって、どうしても僕たちって、自分の中からね、こういう風にしていかなければいけないんじゃないか、なかなか本当の夢がわからないって思ってね、本当の自分のやりたいことって何なんだろうかって思ってね、自分探しの旅に出たりとか、本当の自分を見つけるためのセミナーとかね、行ってしまうのは、やっぱり僕たちだと思うんですけれども、でも関係性から見つけても別にいいと思うんですよね。
どういうことかというと、自分はその家族においてね、例えば、自分は家族においてこういうお父さんになりたい、っていうのもいいわけですよね。
僕もこう1つ、自分のセルフイメージでもあると思うんですけれども、こういうお父さんっていうのは、子供と例えば妻からみた自分のポジションっていうのを自分で勝手に描いて、こんなお父さんだったら最高だよなって思った時って、やっぱり関係性から夢を見出しているわけですよね。
だから、自分の周りの人からみたときに、こういうポジションだったら自分で最高だよなって、そういう夢でもいいと思うんですよ。
だから自分自身がね、会社をもちたいんだったら、こういう会社をつくるっていうところの中に、その中に自分はこういうポジションで、こういう関係性を持つ会社がつくれたらいいなってことだったら、やっぱりイメージしやすいと思うんですよ。一人ひとりの社員がものすごく輝いていてね、すごくしかも給料が高くて、しかもみんなモミアゲが濃くてねとか、例えば、それも1つの関係性からくるイメージ、夢なわけですよね。

関係性の中から、新たな夢をみつけていく

ポイントっていうのは何かっていうと、周りの人をもうちょっとうまく、自分の夢に巻き込んでいく、配置していくことによって、そこからいい夢、自分自身のやり遂げたいことを見つけていけるかなという風に思うんですよね。
どうしてもやっぱり、自分の中からね、映画監督になりたいとかね、作家になりたいとか、年収1000万になりたいとか、いろいろ書くと思うんですけれども、あんまりこうワクワクする人ってあんまりいないと思うんですよ。
もちろんそれでワクワクできるんだったら、それはそれで、たくさん描いていった方がと思うんですけれども、でも、なかなかそれはやっぱりしっくりこない。
なんとなく、誰かが言ったことをね、なんかそのままモノマネしていいんじゃないかなと思って、とりあえずないよりは書いといたほうがいいからって書いておく、みたいな感じの人もいらっしゃると思うんですけれども、やっぱ関係性の中から、新たな夢をみつけていくっていうのがものすごくいいのかなっていう風に僕自身考えております。

人に夢と希望を与えられる存在でありたい

だから今、僕自身が考えている、僕の今後の人生、まあ僕は今29歳なんですけれども、今後30、40、50ってなっていったときの自分の夢っていうのも、周りからの関係性からみえてきている部分っていうのもあるんですよね。
もちろん、自分の中のこうしていきたいっていうWANTもあってね、それに向かって計画っていうのを立てているんですけれども、やっぱりそれ以外にも、自分のね、例えば妻から、ずっとこういう存在でありたいなっていうイメージもありますよね。
すごく人に夢と希望を与えられる存在でもありたいなっていう、その人との関係性の中から見えてくる部分っていうのもやっぱり意識しているんですよね。

自分の理想を決めて「動詞」を活用してみる

今回お話したかったことの1つ目っていうのは、やっぱり関係性を大事にしていく。その中から、自分の理想っていうのを決めていくっていうのが1つ目です。
もう1つが、先ほどお話したんですけれども、動詞と名詞。僕たちは、これは2つを覚えやすいわけですよね。
そのもうちょっと動詞っていうものを使っていくっていうことですよね。
目標っていうのはカッチリして、年収1000万になる、じゃなくていいんですよ。

フロー思考とは

これね、アトラクションシークレットとかポテンシャルシークレットマックスというプログラムで、かなりお話しているんで、僕のフロー思考だったりとか、なんていうか、夢とかもカチッと決めないで、流れるプロセスとして自分が捉えて認識していくっていうチカラがあるんですけれども、例えば、人間関係においてもね、同じように、その人を、その場限りのその人で判断しないっていうのは、人間関係のすごく大事な部分だと思うんですよね。
どうしてもその人がネガティブな一面があったら、コイツはネガティブだって、レッテルを貼ってしまったら、何やってもその人ネガティブにしか見えないんですよ。
例えば、その人がポジティブになれるようなことをして、次回、例えばね、1か月後ぐらいに会った時に、ポジティブになってたとしても、こいつはネガティブだって思うから、全部ネガティブにしか見えなくなっちゃうんですよね。
でもそのフロー思想っていうのを捉えると何が起きるかっていうと、こいつネガティブだったけど、多分もしかしたらこの1か月の間に何かがあったかもしれない、チェンジしたかもしれないという風に思って、そういう会話をしていくと、実はポジティブになっていた部分に気づけたりするわけですよね。
そういう風に、こう1つの部分を固定化して見てしまうと、僕たちってものすごくもったいないことって結構多いんですよ。

流れるフローとして自分の理想をとらえる

何が言いたいかっていうと、目標に関しても同じで、理想の1日を書くっていう話をね、多分アトラクションシークレットで結構お話しさせていただいたと思うんですけれども、やっぱり流れるフローとして自分の理想だったりとか、目標とか、そういったものを捉えていくと、何が起きるかっていうと、そっちのほうがやっぱり僕たちの潜在意識とか、深層心理に入ってきやすいんですよ。
「俺はイケメン」だとか、「俺はカッコよくなりたい」とか、もちろんそういうのもいんですよ。
そういう風にして、やっぱりパワーでやることによってね、自分自身に力が入ったりするのもあると思うんですけれども、どちらかというと日本人にあってる、僕の経験談ですよ、やっぱりフローに流れるような感じで表現していった方が、自分として目標を捉えていった方が、夢とか理想とかってどんどん叶っていくんじゃないかなっていう風に思っております。
なのでね、ポイントは他にもいくつかあるんでね、またちょっとね、プログラムとかでもお話ししているのでね、よかったら参照していただければなという風に思うんですけれども、ぜひね、その今お話しした2つのことを意識していただければなという風に思っております。

最後にもう一度おさらい

1つ目が、もう一度お話しさせていただくと、先ほどちらっとお話しさせていただいた、固定化しないということですよね、動詞を使って表現していく。
要は流れるプロセスとして表現していくっていうことが1つ目ですね。
もう1つが、お話しさせていただいたのが、関係性だったりとか、周りとの中から、調和の中から、自分の夢とか理想を決めていくっていう、そういう考え方ですよね。
これもね、やっぱり、自分の大事な人だったりとか、自分の軸となるすごく素晴らしい人、いると思うんですよね。
そういう人たちの中から決めていくとね、すんなりイメージがパシッと入っていくと思うんで、そういった意味でもやっぱり人間関係って大事になってくると思うんですけれども、そこからやっぱりね、自分の夢とか理想を決めていただけるのがいいのかなという風に思っております。

そんな感じでですね、ちょっと今回は、自分の今後のビジョンを叶える方法というかね、理想を叶える方法、夢を叶える方法、目標を叶える方法ということでね、お話しさせていただいたんですけれども、ぜひね、今後の時代、時代とともにやっぱり、僕たちがやるべきことというのが変わってくると思うんですけれども、僕もね、タイムリーにこういう時代がくるっていうんで、こういうことを知った方がいいんじゃないかなっていう話をしていきたいなという風に思うんで、楽しみにしていただければなという風に思っております。
それではね、またどこかでお会いできたらうれしいなという風に思っております。
最後までご覧くださってありがとうございました。



人気動画

Featured Video Play Icon
1

あのビルゲイツも登壇されたTEDxに、2019年2月、河本真さんが登壇されました! 貴重な講演ビデオがアップされましたので、「mrm-fan.site」ではいち早く書き起こし記事をアップさせていただき ...

Featured Video Play Icon
2

  潜在意識レベルで変わる、人間関係の引き寄せ えー、どうも!こんにちは、Mr.Mです! まあ今回はね、楽しく愉快にまあね、動画であなたにお届けしていこうと思うんですけれども。 まあちょっと ...

Featured Video Play Icon
3

引き寄せの法則のバイブル、ザ・シークレットには落とし穴があった?! 引き寄せの法則を知ってこんなすごい法則って本当にあるの?と驚かれた方も多いと思います! その驚くべき法則の威力は、書籍やインターネッ ...

-潜在意識

Copyright© 河本真(Mr.M)さんYoutube神回動画まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.